今回は外壁塗装費用を少しでも軽減できる6つの節約法の2つ目をご紹介します。

同時塗装(外壁+屋根)を行う

外壁と屋根を同時に塗装すると、費用の面でお得になることがあります。その理由は、外壁・屋根塗装には高所での作業が必要であり、その際には足場が欠かせません。法律で2メートル以上の高さでの作業には足場の設置が義務付けられています。

足場の設置には約15万円の費用がかかりますが、外壁と屋根を別々に塗装する場合、それぞれの作業に都度足場を組む必要があります。したがって、外壁と屋根を同時に塗装すると、足場代が2回かかるところを1回の足場設置で済むため、足場代の節約ができ、全体の費用を削減することが期待できます。

外壁と屋根を同時に塗装することで、色や素材の組み合わせを一緒に検討できます。これにより、まとまりのあるデザインで統一されたバランスの良い外観を実現することが可能です。同時に行うことで、建物全体が一体感を持ち、美しく生まれ変わることが期待できます。

注意!

通常、建物の外壁よりも屋根が先に劣化することが一般的です。しかし、一部の業者は「足場代が安くなるから、屋根工事のついでに外壁もやりましょう」といった強引なセールストークで同時施工を勧めてくることがあります。実際には、外壁にまだ塗装の必要がない場合もあるので、建物の劣化状態をしっかり確認することが重要です。同時に、次回のメンテナンスが同じ時期にできるように、塗料の種類を揃えることも考慮してください。見積もりの際には、外壁と屋根の塗料のグレードを確認しておくと良いでしょう。

建物の状態や塗装の種類によって費用が異なるため、専門の方のアドバイスを受けることが大切です。