今回は外壁塗装費用を少しでも軽減できる6つの節約法の6つ目をご紹介します。

火災保険を利用する

外壁や屋根の塗装に関連する損害を火災保険で補償できることをご存知ですか?これは一般的な保険契約だけでなく、特定の特約やオプションを追加した場合に、外壁・屋根塗装に関する特定の損害が保険範囲に含まれていれば、それに基づいて補償が行われるということです。

例えば、台風や落雷などにより外壁が損傷した場合、特約があれば保険が適用される可能性があります。(例:屋根の板金が飛んでしまった・雨どいが歪んでしまった)

症状や損害の種類を知っておくことで、外壁・屋根塗装に関連する補償を拡大し、費用を抑えることができます。特に、保険契約に含まれる特別な症状や損害の条件を理解することで、必要な補償を受けることができ、かかる費用を最小限に抑えられます。具体的な補償内容は契約によって異なるので、保険会社に相談して詳細な情報を確認することが重要です。

外壁塗装に関連する補償を受けるためには、いくつかの条件がありますので、事前に確認しておくことが重要です。例えば、被害発生から3年以内や工事費用が20万円以上などが条件となることがあります。また、補償を受けるには自分から保険会社に申請しなければなりません。外壁塗装を検討する際には、まず火災保険に加入しているかどうかを確認し、加入している場合は具体的な条件や申請手続きについても事前に把握しておくことがおすすめです。

※悪徳業者にご注意ください。

火災保険を利用して「無料で修理できる」と断言する業者がいますが、その言葉だけを信じないようにしましょう。本当に火災保険を使えるかどうかは、自分が加入している保険内容を確認し、保険会社に直接連絡して確認することが大切です。業者の言葉だけではなく、正確な情報を得るために保険会社とのコミュニケーションを重視しましょう。