コーキングは主に建物の隙間や接合部を密封し、防水や断熱の役割を果たします。しかし、時間とともにコーキングは劣化することがあります。建築物や製品の長寿命を維持するために不可欠なコーキングは、さまざまな要因によって劣化することがあります。

その主な要因は以下の通りです。

1. 自然の影響

太陽光: 長時間にわたり紫外線を浴びることにより、コーキングは劣化していきます。これによって柔軟性が失われ、ひび割れや剥離が生じやすくなります。

気温の変化: 温度変化による収縮や膨張が、コーキングに負担をかけ、劣化を促進します。特に極端な気温変化は劣化を早めます。

2. 湿度と水の影響

湿気: 高い湿度環境では、コーキングが湿って柔らかくなり、劣化しやすくなります。湿気によってカビや藻が発生し、見た目にも影響を与える可能性があります。

水の浸透: 長期間にわたる水の浸透は、コーキングの劣化を引き起こす主要な要因の一つです。水の侵入は建物の構造に影響してきます。

3.物理的ストレス:

建物の振動や外部からの強い衝撃などによりコーキングを破損させる可能性があります。

4. 経年劣化

コーキングは時間の経過とともに老化し、その柔軟性や密封性が低下します。

これらの要因を考慮して、定期的なメンテナンスや必要に応じた交換が行われることが重要です。劣化したコーキングは建物の構造に悪影響を与える可能性があり、早めの対応が重要です。コーキングの劣化症状があらわれたら専門の業者に相談しましょう。