水の侵入は屋根以外にも外壁やベランダからもあります。通常、ベランダや陸屋根には雨や紫外線から守るための防水工事が施されています。防水効果のある塗料や防水シートが使われ、雨水の侵入を防ぎます。しかし防水機能が低下すると雨漏りや建物の劣化が進み、大切な家を守る機能が損なわれてしまいます。ベランダや屋上の防水工事は定期的に行い、雨漏りや損傷を防ぐことが重要です。

様々な防水工法

FRP防水工法: ファイバーレンフォーストプラスチック(FRP)を使用した防水工法です。軽量で丈夫であり、屋上やベランダに適しています。

ウレタン工法: ウレタン樹脂を使用した防水工法で、均一で柔軟な膜を形成します。屋上やベランダの表面に均一なコーティングを行い、防水性を確保します。

塩ビシート防水工法: 塩ビ製のシートを使用して防水層を形成します。シート同士を熱で溶着させることで一体化させ、水漏れを防ぎます。

ゴムシート防水工法: ゴム製のシートを使用して防水層を形成します。柔軟性があり、変形に対応できるため、屋上やベランダなどで使用されます。

アスファルト防水工法: アスファルトを塗布して防水層を形成する方法です。耐久性があり、重厚感があるため、特に屋上などで使用されることがあります。

これらの防水工法は、それぞれの特性や用途に合わせて選択されます。ベランダや屋上の防水工事は、建物の耐久性や快適性を向上させるために非常に重要です。定期的なメンテナンスと専門業者の協力により、建物を長寿命で安全な状態に保つことができます。