屋根塗装は、建物の屋根表面に特定の塗料やコーティングを施す作業になります。この作業は、屋根を外部の要因から保護し、耐候性を向上させるために行われます。

以下に、屋根塗装の主な目的や手順について説明します。

【主な目的】

■防水効果の向上

■耐候性の向上

■エネルギー効率の向上

■美観の維持

■修理予防と寿命延長

【一般的な手順】

1.下準備

屋根塗装の前に、屋根表面を清掃し、古い塗膜や汚れ、カビなどを取り除きます。必要に応じて、屋根の修理や補修作業も行います。

2. 養生

養生シートは塗装をしない箇所に設置します。

3.プライマーの塗布(下塗り)

屋根材や状態によっては、プライマーを塗布して塗料との密着性を高めることがあります。

4.塗装(中塗り・上塗り)

塗料を均等に塗り、屋根表面を覆います。屋根塗装は通常3回の塗り重ねが一般的ですが、屋根の状態によっては、4回塗りまたは5回塗りが必要な場合もあります。

5.完了検査・足場解体

足場解体前に、業者と一緒に建物の仕上がりを注意深く確認します。もし気になる箇所が見つかれば業者に伝えましょう。

※気を付けていただきたいのは、足場があるうちに確認をすることです。