ペイントホームズ
新潟店

建物の雨漏り原因は屋根だけじゃない!

建物の雨漏りは、屋根が最もよく思い浮かぶ原因ですが、実は屋根以外にも様々な要因が関与しています。外壁や窓、ドア周りなど、見落としがちなポイントを把握し、適切な対処を行うことが重要です。

まず、外壁には塗装の施工不良やクラック、隙間が雨漏りの原因となる可能性があります。外壁塗装が不十分だったり、塗料が不均一に塗布されていたりすると、雨水が外壁に浸透しやすくなります。また、年月とともに外壁にクラックや隙間が生じることもあります。これらの部分の点検と適切な補修が必要です。

次に、シーリング(窓やドア周り)の劣化も雨漏りの原因となります。シーリング材が劣化すると、雨水が建物内部に侵入しやすくなります。特に窓やドアの開閉部分や接合部分は、劣化しやすい箇所です。定期的な点検とシーリング材の交換が必要です。

瓦や防水シートに亀裂や穴がある場合、雨水が建物内部に浸入します。さらに雨樋の状態も雨漏りに影響します。雨樋が詰まっていたり破損していたりすると、雨水の排水に影響が出て雨漏りが発生する可能性があります。

雨漏りの原因を特定し、適切な対処を行うためには、専門家のアドバイスが不可欠です。外壁塗装業者や建築士に相談し、建物の点検を行ってもらいましょう。早めの対応が、建物の被害を最小限に抑えるために重要です。