ペイントホームズ
新潟店

艶有り塗料を選ぶ:色の見え方に注意する点は?

光沢度の影響

艶有り塗料(全艶塗料)は光沢のある仕上がりを持ちます。光沢度が高い塗料は、光の反射により色が明るく見える傾向があります。そのため、実際に塗装した表面の光の当たり方によって、色の見え方が変わることがあります。選んだ色が室内や屋外でどのように見えるかを考慮することが重要です。

色の調和

艶有り塗料の色は、周囲の照明や素材との相互作用によって異なる印象を与えます。周囲の色や素材との調和を考慮し、塗料の色を選ぶことが重要です。明るい色や濃い色は光沢度が高い場合に強調される傾向がありますので、周囲の色や素材との調和を考慮して色を選ぶと良いでしょう。

サンプルの確認

艶有り塗料の色は、パレットやサンプルカードではなかなか実際の見え方を正確に表現できないことがあります。可能であれば、実際に塗料を試し塗りして、室内外の光の当たり方や周囲の色との相互作用を確認することが望ましいです。

劣化の影響

塗料は時間とともに劣化し、色あせや変色が起こることがあります。艶有塗料の場合、選んだ色が劣化しても美しく見えるかどうかも考慮すると良いでしょう。耐候性や色安定性の高い塗料を選ぶことで、長期間美しい色を維持できる可能性が高まります。

これらのポイントを考慮して、艶有り塗料の色を選ぶことで、理想的な仕上がりを実現できます。